HOME > profile

冨田 ちなみ chinami tomita

viesouple 代表・デザイナー
 ヴィスープル は「しなやかな生活」という意味 (フランス語)


1968年 大阪市 生まれ。
高校卒業後、大阪立売堀の商社に就職
OLをしながらインテリアコーディネータースクールを卒業
商社に4年程勤めた後、建築意匠設計事務所に転職


1991年 外構・庭園設計施工会社に転職し、主に設計に従事する 
 主な業務経歴
 ・住宅分譲地街並み基本計画 + 各戸実施設計(兵庫県・大阪府・愛知県)
 ・住宅メーカー展示場エクステリア設計 静岡以西担当
 ・工務店住宅展示場エクステリア計画(愛知県)
 ・エクステリアメーカー商品販促資料作成
 ・個人住宅エクステリア設計


2001年 大阪府堺市にて独立
 主な業務経歴
 ・Japan ExteriorDesign Competition 2005 設計部門 優秀賞 受賞
 ・住宅メーカー展示場エクステリア設計
 ・工務店展示場エクステリア・ベランダ設計
 ・エクステリアメーカー商品販促資料作成
 ・住宅分譲地街並み基本計画 + モデル棟実施設計(兵庫県・大阪府・奈良県)
 ・個人住宅エクステリア設計(大阪府・兵庫県・愛知県・長野県など)
 ・店舗フロントガーデン設計(大阪府・京都市)
 ・ガーデンエクステリア商材専門カタログ監修(2003〜2013)
 ・ベランダガーデンレッスン自主開催 11回(2013〜2014)
 ・個人邸のDIY庭づくりを後押しするガーデンコンサル
 ・ガーデンエクステリア商材専門カタログ監修(2015〜現在)
 ・E&Gアカデミー講師(2016〜現在)

独立と同時に大阪芸術大学に入学し7年かかって建築学科を卒業。建築と融合する外空間の考え方をより深くし
卒業設計では「過疎化が進む郊外住宅地の再生」をテーマに「森に住まう町」を提案しました
2001年にスペインでガウディ建築を回り、2008年にフィンランドでアールト建築を回り、2010年・2011年には
フランスでコルビュジエ建築を回り、2013年は京都鴨川建築塾に参加 建築が面白くて、建築に傾倒した時期でした

過去3回訪問しているフランスでは田舎の小さな村も回り、そこで暮らす人々の日常で
「緑や外空間を、お洒落に活用し楽しそうに過ごす様」を目の当たりにして胸をうたれました
自然の風を感じ 光を感じ 空を感じ 緑を感じ・・・そんな中で過ごす時間がどれだけ豊かで幸せなものか
改めて深く思い知ったのです。

思い返せば1997年に研修旅行で訪れたイギリスで、長い夕暮れの時間を庭で過ごしている人々を見て
なんてすてきな習慣なのだろうと感動し「普段の大事な時間」を家の一部であるお庭で過ごす姿が
以後の私の庭空間デザインに大きな影響を与えていたのでした


2014年 兵庫県西宮市に移転
夫の実家を一部リフォームし自宅兼事務所に。事務所に面した小さな庭は「garden life labo」として
色々と試みる場にしています。2015年春に初めてのオープンgarden life laboを開催(来訪者20名)


庭を持つことは特別な空間が必要なわけではなく、玄関に向かうアプローチも車を停めるガレージも
家の外の空間は全て庭だと考えています。毎日の暮らしで大活躍する外空間をデザインして
そこに暮らす人たちの日常に笑顔をひとつでも増やすことが出来ればと思っています









3R1A0376-700px.jpg

二級建築士
インテリアコーディネーター
2級造園施工管理技士
福祉住環境コーディネーター
園芸療法リーダー2級
ハーブコーディネーター

西宮商工会議所会員
青年部在籍