HOME > トータルデザイン


外空間・ガーデンエクステリアのトータルデザインってなに?


文字どうり、トータル=総合的にデザインするということ

敷地の中に、家が建ちます
敷地の中で家が建たない部分は「全て外空間として活用する場」と考えてデザインすることです
本当は、家を建てて残った場所ではなく「意識して残した場所」であった方が良いのですが


隣地境界と建物の隙間のような場所も、ここをどう活用するのが最適かを考えます

その結果、地面を整地するだけにになる場合もあります
室内から見える「小さな庭」を作ることもあります



庭で過ごす時だけでなく、室内で過ごしている時に庭はどうあって欲しいか
道行く人からはどう見えているのか、車は安全に停められるか、アプローチで季節の変化を感じられるか

家の回りは全て庭だと考えています
毎日の外出で通るアプローチも、車を止める為のガレージも全て庭と捉えて
庭を通って外出する、庭の中に車を停める。そんなイメージです

そこに住まう人の毎日が快適で豊かで、たくさんの笑顔が生まれるますように
そんな思いで、あらゆる角度から検討します


建物の計画段階で、外空間も合わせてデザインすることで生まれるメリットも
じつは見逃せないものです

外空間のデザインをする時、もう少しこうだったら・・・と思うことが多々有ります
建物の配置・窓の位置や大きさ・出入り口や駐車スペースの場所・・・

外空間デザイナーの立場からの意見を、建築デザイナー(建築家)に投げかけるだけで
生じる可能性のある問題は、解決できるのです


viesoupleでは、建築計画の初期段階で外空間も合わせて計画することをお勧めしています

viesoupleヴィスープル から Gokanshaゴカンシャ へ
2016年9月23日 事業所名を変更しました

Gokansha のホームページをご覧ください
http://www.gokansha.com